クリティア|3つの採水地から採れる天然水を使用

クリティア

クリティアHP

クリティアでは、3つの採水地から採れる天然水を使用。
富士山麓にある富士箱根伊豆国立公園内「富士山のお水」、島根県浜田市金城町「金城のお水」、阿蘇山の麓地下約100mから採取する「阿蘇のお水」です。

「富士山のお水」は、4大ミネラル成分がバランスよく配合された硬度25mg/lの軟水。
「金城のお水」は、ミネラル物質を含む花崗岩でろ過された硬度83mg/lの軟水。
「阿蘇のお水」は、ミネラル成分がバランスよく含まれた硬度36mg/lの軟水です。

クリティアの水はおいしさに定評があり、「モンドセレクション」と「iTQi(国際味覚審査機構)」にて受賞しているほど。
もちろん、その安全性も高く評価されています。

ウォーターサーバーのデザインは4種類。
お手軽タイプの「スリムサーバー」と「スリムサーバー床置タイプ」、フラッグシップモデルの「codo×CLYTIA」と「amadana×CLYTIA」とあります。

サーバーレンタル料金

無料もしくは機種によって月額1,000円

配送料

無料

メンテナンス料

無料

ミネラルウォーター料金

スタンダードプラン3,800円~
ずっとクリティアプラン3,500円~

水の種類

天然水(富士、金城、阿蘇)

クリティアウォーターサーバーとは?

cado × CLYTIA

特徴

クリティアで使われている天然水は、富士(山梨県富士吉田市)・金城(島根県浜田市金城町)・阿蘇(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)の3種類。
基本的には選べるのですが、配送地域によっては断られることもあるようです。
非加熱処理で溶存酸素はそのままに、空気が逆流してこないエアーレスタイプでそのままの味を楽しむことができます。

水質は軟水ですが、金城の水は硬度83とちょっと高めです。
ボトルは薄いペットボトルなので、つぶしやすく捨てやすいタイプ。
サーバーの「cado × CLYTIA」と「amadana × CLYTIA」はレンタルではなく買取ができる珍しいタイプとなっています。

2年以下の解約では手数料が12,500円(+税)かかりますが、クリティアミニは1年未満と短くなっているので注意が必要。
3年縛りのプランもあり、3年以内に解約すると13,500円(+税)かかります。
レンタルの場合では残りのレンタル料を一括払いしなければいけないので、長期間の利用を考えている人向けと言えるでしょう。

サーバーの種類

○cado × CLYTIA

○amadana × CLYTIA

○スリムサーバーⅡ

*申込終了
スリムサーバー床置タイプ
スリムサーバー卓上タイプ
スリムサーバーⅡ

*販売終了
CLYTIA Custom Club
ウルトラマンコラボモデル
CLYTIA mini

人気ポイント&不人気ポイント

バナジウムをたっぷりと含む天然水として、水選びにこだわっている人に選ばれることが多いウォーターサーバー。
コーヒーや料理の味が明らかに変わった…なんて口コミも多くみられ、水のおいしさが人気のポイントになっています。

ただ、サポートにたいていは非常に対応が悪いといった口コミが多く、加入するときの話と解約する時の話が違うといった声が多く聞かれます。
配送を受け取っていなくても自動的に課金されて料金が取られる、2年契約以内に解約すると多額の解約手数料がかかるなど、お金に関するトラブルがみられるので、新しく購入を考えている人からしてみれば不安も大きいものとなっています。
さらに、営業の電話もしつこいといった話もあり、時間・曜日を問わずにかけてくるのが不評となっています。

口コミ

「4年ほど利用しています。
特に問題なく使用できており、他のメーカーの水は飲んだことがないので比較できないのですが、こちらも問題ないと思います。
ただ、チャイルドロックがちょっと甘いのが気になるかな。」

「人目に触れる場所に置くのであれば見た目も大事として、デザイン性からクリティアを選びました。
水の味も良く、バナジウムなども含まれているとして体に良さそうです。
また、給水するときに片手でできるので楽。」

「水はおいしく、コーヒーの味が変わったほど。
栄養価があるかどうかは素人なのでわかりませんが、飲み始めてから肌がきれいになったような気がします。
空の容器はつぶして捨てれるのも楽。」