お気に入り社員への上司のエコ贔屓

未分類

わたしの会社で、近々育休に入る妊婦さんがいます。もちろん明るいニュースだし、協力できることは協力したいなぁと思っていました。でも、労務管理をしている上司のお気に入りの子のため、対応が不公平すぎて、協力したいと言う気持ちが日に日になくなっていきます。
まず、会社の就業時間に妊婦健診の通院をしています。風邪などの体調不良や急ぎの用で就業時間内に外出することは別に良いとは思います。でも、妊婦検診はお休みの日に行くものじゃないかなぁと思います。もちろん、半休や時間給ではなく、その時間は出勤してることになってます。残業の時間になれば、もちろん残業は付きます。満員の通勤電車を避けて少し遅く来ても、もちろん残業になれば残業が付きます。
大変な仕事はどんどん他の人にお願いをし、彼女はラクな仕事を短時間に終わらせて、遅刻早退しても満額給料をもらっています。彼女が急に休んだ時や、体調が悪い時、最初は少しでも手伝ってあげたいと思っていたのですが、なぜわたしが大変な思いをしてまで彼女の手伝いをしなければならないのか?と考えてしまいます。そんな自分にも少し嫌気がしてしまいます。
彼女の育休中の仕事で派遣さんにお願いできない分は、他の人にやってもらおうと、とにかく一生懸命に計画を立てているようです。
そして育休中は派遣さんを雇って彼女の仕事をやってもらう段取りを準備しています。育休明けは彼女はそのポジションに戻ることが約束をされています。それは構わないのですが、別の営業所でも育休をとりたい人がいるのですが、その人に対しては育休を取ることに対して、嫌味を言っています。派遣さんを雇わずに新しい人を雇い、戻れるところが無かったら空いてるところに行けば良いといった対応を考えています。
自分のお気に入りさんには帰ってきて欲しい!でも、他は知らない!といった対応に正直どうなのかと思います。
彼女が育休をあけて復帰した時、またこっちはフォローばかりだと思うと、ほんと憂鬱になります。